東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

Kimono Beauty
Kimono Beauty
シックでモダンな装いの美 江戸から昭和
長崎巌 監修
定価
本体2,300円+税
刊行
2013年01月
ISBN
978-4-8087-0949-5 C0072
判型
A4変型(27×21cm)
ページ数
304ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

□「きもの」は素材、技法、模様ともに、日本独自の文化遺産として非常に高い評価を得ています。本書は、江戸時代中期から昭和時代初期まで約200年にわたる「きもの」の歴史を紹介し、きものの美と、きものに対する日本女性の細やかな美意識を堪能できます。図版約460点を収録、ボリューム満点です。
□明治時代初期に来日し、日本文化を心から愛したアメリカ人、ウィリアム・スタージス・ビゲローが収集した江戸時代中期から明治時代初期のきもの17領(ボストン美術館所蔵)も収録。外国人の目を通して見た日本のきものの素晴らしさにも着目し、世界に誇る日本のきもの文化を顕彰します。
□幸せへの祈りを込めた婚礼衣装や子どものきもの、日本の女性美をきものとともに支えた帯や髪飾り、また浮世絵から近代日本画まで各時代の「Kimono Beauty」を生き生きと描いた絵画作品をもあわせて収録しています。
□18世紀から20世紀までのモードの移り変わりや、各時代の気分を映し出した色や柄がわかります。
□本書は2013年1月から11月まで各地を巡回する「Kimono Beauty」展の展覧会図録を兼ねた書籍です。同展展覧会場でも販売しております。

はじめに(マルコム・ロジャース)

ボストン美術館に眠っていたビゲロー・コレクションのきものと小袖雛形本
 私とボストン美術館・私とビゲロー(長崎巌)
 ビゲロー・コレクションのきもの        
 ボストン美術館の小袖雛形本  
        
[総論]江戸の小袖から昭和のきもの
 
    
第一章  江戸時代の小袖
 武家女性の小袖
 公家女性の小袖
 町人女性の小袖
 富裕な町人女性の小袖

江戸時代の絵本                
江戸時代の浮世絵
江戸時代の髪飾り


第二章  明治時代のきもの
 明治時代前期のきもの
 明治時代後期のきもの

明治時代の浮世絵


第三章  大正時代のきもの
 大正時代のきもの

大正時代の絵画──竹久夢二・蕗谷虹児・加藤まさを・高畠華宵

子どものきもの 
 江戸時代の子どものきもの  
 明治時代の子どものきもの   
 大正・昭和の子どものきもの 


第四章  昭和時代のきもの
 昭和時代のきもの 
 銘仙のきもの

きもの図案
昭和時代の絵画                    
ポスターに見るきもの

                
帯                       
 江戸時代・武家女性の帯            
 江戸時代・町人女性の帯            
 明治時代の帯                 
 大正時代の帯                 
 昭和時代の帯                 


婚礼衣裳


コラム
●きものの力──西洋の出会いと影響(深井晃子)
●武家女性の小袖──支配階級の洗練の極致(杉山未菜子)
●浮世絵に見る装いの美──闊達な町人のモード(田辺昌子)
●江戸・明治時代の粋な彩り──きものの地色について(飯島礼子)
●日本画における明治・大正時代のKimono Beauty たち(菊屋吉生)
●女性雑誌にきものを描いた挿絵画家──竹久夢二・蕗谷虹児・加藤まさを・高畠華宵(中村圭子)
●銘仙のきもの──時代の流れとともに(麻沼育美)
●洋花模様の登場──大正・昭和時代のきものにおける表現(松下由里)
●昭和モダンの美人画とファッション──婦人雑誌の画家ときものの関係(川西由里)

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.