東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

もっと知りたいミレー
もっと知りたいミレー
生涯と作品
高橋明也 監修, 安井裕雄 著
定価
本体1,800円+税
刊行
2014年03月
ISBN
978-4-8087-0977-8 C0071
判型
B5判
ページ数
80ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

□19世紀、フランスのバルビゾン派の画家の中でも最も愛される画家ミレーの画業を傑作とともに紹介する入門書。近年の研究成果を踏まえ、ミレー神話の解体と再生を試みます。そこから見えてくるのは、二度と戻れない故郷への思い、痛烈な喪失感、鎮魂と復活への願い、そして何より描く喜びと自然との一体感──。優れた芸術作品は時代を映しだすとともに、時代を超えて見る者の魂を揺さぶることを教えてくれます。
□ミレーは「農民画家」として知られますが、目に見えない神秘に対する関心も深く、ロマン主義を継承し印象派や象徴主義を先取りするような瑞々しい風景画も描いています。ミレーは、光が同時に闇を強調し、情景に神秘的な性格を与えることを熟知していました。村はずれに広がる満天の星空を愛でる感性、何気ない自然の美しさを見つめる繊細な眼差しは必見です。パステル画家としての才能も見過ごせません。いま一度、過去に定着したイメージにとらわれずに見直したい画家です。

ミレー、この不思議な画家──神話の解体と再生

chapter0 ミレーの原点──幼少期と修業時代(1814-1840年)
  [もっとしりたい・1]農民画の変遷

chapter1 バルビゾン以前──貧窮のなかで(1841-1848年)
  肖像画家として出発
  「華やかな手法」の時代
  二月革命と無鑑査サロン

chapter2 バルビゾンへ──農村の人々を描く(1849-1855年)
  農民の日常を描く
  働く女性という主題
  帰郷と米国人
  1855年パリ万博
  ●傑作クローズアップ《種をまく人》
  [もっとしりたい・2]ミレーとゴッホ
  [もっとしりたい・3]バルビゾン派

chapter3 農民画家ミレー──賛否両論のなかで(1856-1865年)
  批判と賛辞の狭間で
  信仰と《晩鐘》
  子どもへのまなざし
  サロンでの成功
  連作「四季」
  [もっとしりたい・4]ミレー神話
  ●傑作クローズアップ《落ち穂拾い》
  [もっとしりたい・5]ミレーの黄昏と夜

chapter4 自然を描く──郷愁のなかで(1866-1875年)
  人物から風景へ
  パステル画の時代
  親友ルソーの死
  晩年の風景
  知られざるミレー
  望郷の念
  ●傑作クローズアップ《春》

epilogue ミレーの遺産

column
  ミレーとオールドマスター
  ふたりの妻
  未来の伝記作者との出会い
  ミレーと複製芸術
  ミレーの静物画

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.