東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

もっと知りたいレオナルド・ダ・ヴィンチ
もっと知りたいレオナルド・ダ・ヴィンチ
生涯と作品
裾分一弘 監修
定価
本体1,800円+税
刊行
2018年02月
ISBN
978-4-8087-1106-1 C0071
判型
B5判
ページ数
96ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

・レオナルド研究の世界的な第一人者の裾分一弘教授監修による唯一の初心者向けの本。その緻密な研究の成果を随所に交えて、「芸術」とは、「創造」とは何かを問いかける。入門書でありながら、謎多き芸術家の真実に近づくはじめの一歩として最適の内容です。
・さらに、初版刊行より十年を経て深まった研究成果を冒頭増補ページにて簡潔に紹介します。レオナルドの画風や思想はどのように受けつ翳れいったのか。新発見の素描や波乱の運命を辿った手稿について、また近年世界を驚かせた幻の作品のことなど、今なお新たな話題を提供し続ける知の巨人の真実に迫ります。
・本書は2006年5月刊行の『もっと知りたいレオナルド・ダ・ヴィンチ』に巻頭16ページを増補し改定したものです。

はじめに---レオナルド研究この十年
巻頭口絵
 あらゆるエッセンスを秘めた素描や手稿
 レオナルデスキとは?
 再発見に新発見、まだまだ謎は多い

第1章 修業時代
  受胎告知
  師匠を越えた力量
  風景の習作(アルノ川の風景)
  熱心な素描家
  ジネヴラ・デ・ベンチの肖像
  聖ヒエロニムス
  三博士礼拝
  レオナルドの永遠の女性像

第2章 宮廷芸術家としての時代
  岩窟の聖母
  建築家としてのレオナルド
  時代を先取りした発明家
  人体のプロポーション
  解剖学への深い関心

第3章 研究に打ち込む時代
  白貂を抱く婦人
  騎馬像の制作
  最後の晩餐
  レオナルドの手稿

第4章 晩年の時代
  モナ・リザ(ラ・ジョコンド)
  二つの偉大な個性
  幻となった壁画
  聖アンナと聖母子
  科学への探究心
  レオナルドが思い描いた「最終審判」
  洗礼者ヨハネ
  努力の人レオナルド

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.