東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

ビジュアル版 詳説 日本の宝飾文化史
ビジュアル版 詳説 日本の宝飾文化史
露木宏 著
定価
本体4,300円+税
刊行
2019年03月
ISBN
978-4-8087-1114-6 C0072
判型
B5判
ページ数
216ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

はじめに

1章 安土桃山時代【天正元-慶長八年(1573-1603)】
  西洋装身具との初の出会い
   ロザリオ渡来

2章 江戸時代初期【慶長八-寛永十六年(1603-1639)】
  江戸初期の西洋装身具
   ロザリオ風首飾り、指輪など

3章 江戸時代前期【寛永十六-正徳六年(1639-1716)】
  日本固有の装身具、髪飾りの誕生
   鎖国以降の装身具

4章 江戸時代中期【享保元-天明九年(1716-1789)】
  櫛・笄・簪が飛躍的に発達
   A:山高形櫛から光輪櫛まで
   B:笄の展開と簪の発生など
・藤田君代櫛コレクション1江戸時代中期末──後期初め頃

5章 江戸時代後期【寛政元-弘化五年(1789-1848)】
  髪飾り全盛、指輪と帯留も始まる
   A:大小さまざまな櫛と新タイプの笄など
   B:多種多様な簪と当時の帯留、指輪など
・藤田君代櫛コレクション2江戸時代後期頃

6章 江戸時代末期(幕末)【嘉永元-慶応四年(1848-1868)】
  開国前夜の和・洋の装身具
   A:華やかな櫛・簪と左右に分かれる笄など
   B:幕末日本人のジュエリー体験
・藤田君代櫛コレクション3江戸時代後期-幕末頃

7章 明治時代前期【明治元-十九年(1868-1886)】
  文明開化と鹿鳴館時代の装身具
   A:急速に広まる指輪、その記録など
   B:ダイヤ、プラチナ、真珠の装身具など
   C:モース収集品で見る髪飾りとパチン式帯留など

8章 明治時代中期【明治二十-三十六年(1887-1903)】
  貴金属宝石商が誕生した時代の装身具
   A:指輪ほか、ティアラなどの洋風装身具と養殖半円真珠
   B:『金色夜叉』に登場するダイヤモンドの指輪と洋風装身具
   C:髪飾り、帯留など和装の装身具

9章 明治時代後期【明治三十七-四十五年(1904-1912)】
  日露戦争以降、貴金属宝飾業発展期の装身具
   A:首掛式時計鎖など洋風装身具の新展開
   B:和・洋の髪飾りと新タイプの引っ掛け式帯留など

あとがきにかえて──豊かな日本の宝飾装身具文化を、未来へ

索引

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.