東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

もっと知りたい岸田劉生
もっと知りたい岸田劉生
生涯と作品
蔵屋美香 著
定価
本体2,000円+税
刊行
2019年08月
ISBN
978-4-8087-1145-0 C0071
判型
B5判
ページ数
80ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

日本近代洋画史上、不動かつ特異な位置を占める岸田劉生。絵画や文章の類稀な才能に恵まれ、38歳の若さで没しながら、同時代や後世の芸術家たちに多大な影響を与えました。本書では自画像、肖像画、風景画、静物画、そして麗子像……5つの視点から劉生の芸術を再検証し、日本近代の苦悩する知性に迫ります。

はじめに
人物相関図:岸田劉生をめぐる人々

第一部 岸田劉生とは何者か?
一 銀座の子:子どもから青年へ 〇-十九歳(一八九一-一九一〇年)
二 涙と首と草と土:ヒユウザン会から草土社へ 二十-二十五歳(一九一一-一九一六年)
三 海辺の癇癪男:鵠沼から震災まで 二十六-三十二歳(一九一七-一九二三年)
四 江賀海鯛:京都から鎌倉へ 三十三-三十八歳(一九二四-一九二九年)

コラム 劉生のグラフィックデザイン

第二部 岸田劉生は何をしたのか?
1 僕って何?─自画像
特集 神よ守り給え:劉生日記
2 岸田の首狩り─肖像画
特集 複製技術時代の芸術家
3 やっぱり土が好き─風景画
特集 仕方がない、自然なんだから、自然なんぢゃないか
4 林檎と壷の間には─静物画
特集 ビチュームの友だち:広がる草土社の輪
5 いい子のれい子、いいれい子ォ─麗子像
特集 麗子はどこにいる?:《麗子肖像(麗子五歳之像)》

岸田劉生掲載作品索引
引用文献一覧/劉生を知るためのブックリスト

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.