東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

すぐわかるお経の心[改訂版]
すぐわかるお経の心[改訂版]
なぜお経をよむのか─その意味と教え
大角修 著
定価
本体1,600円+税
刊行
2010年08月
ISBN
978-4-8087-0893-1 C0015
判型
A5判
ページ数
168ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

■お彼岸や葬儀・法事などで唱える「お経」の内容が、3つのポイント(心・意味・要旨)ですっきりわかる。
■すでに「お経」に関する本はでているが、ほとんどがお経の意味や成立をといたもので、なぜそのお経をよむのかについては解説されていない。本書では各宗のお経の心(精神)と言葉、唱える作法がもつ意味を仏教の歴史と文化をふまえて、やさしく解説。
■コラムや図も配して、わかりやすさを心がけた。
■各宗でよまれる主要なお経はもちろん、現世利益色が強く、そこから抜けおちてしまう地蔵和讃や真言、ご詠歌などもとりあげた。
■本書は2001年9月初版の『すぐわかるお経の心』に新たにカラーページなどを加えた増補改訂版です。

はじめに
お経の心をたずねる
1 篤く三宝を敬え-三帰依文など(初めにとなえるお経)
三帰依文/懺悔文/開経偈
○お経を読む場所(1) 異界につながる寺院と仏壇
○お経を読む場所(2) 信仰を育んだ山と霊場
コラム:三宝印/合掌/供養の基本 香・花・灯明・蓮と仏教
2 極楽浄土の教え-浄土経典(天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・時宗など)
概説:阿弥陀仏と極楽浄土を説く経典
仏説無量寿経 歎仏頌
仏説無量寿経 重誓偈
仏説観無量寿経 第九真身観文
仏説阿弥陀経
一枚起請文 法然上人の遺言
親鸞聖人の和讃 絶対他力の信心の歌
御文章(御文) 蓮如上人の手紙
○お経を読む場所(3) 講と信仰団体の集会
コラム:阿弥陀仏の名と念仏/王舎城の悲劇/夜摩の光の国と極楽浄土/仏の国と六道輪廻/「仏説」といわれるわけ/「如是我聞」というわけ
3 永遠の法華経-妙法蓮華経(天台宗・真言宗・日蓮宗・禅宗など)
概説:法華信仰の広まり
妙法蓮華経方便品第二
妙法蓮華経如来寿量品第十六
御妙判 日蓮聖人の遺文
○お経を読む場所(4) 先祖をまつる墓と供養塔
コラム:迹門と本門/「霊験」の不思議
4 観音菩薩の救い-般若心経ほか(天台宗・真言種・日蓮宗・禅宗など)
概説:観音信仰の広まり
妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五
摩訶般若波羅蜜多心経(般若心経)
大悲心陀羅尼
十句観音経
修証義 道元禅師の禅の心を伝える書
コラム:大般若の祭り/読経の声と力/仏教と戒律
5 種々の祈り-真言・和讃・御詠歌
概説:経典の聖なる言語
光明真言 大日如来の光の言葉
不動明王真言 一切の邪悪を退ける
薬師如来真言 癒しの仏に祈る
阿弥陀如来根本陀羅尼 不死なる者の言葉
毘沙門天真言 人々を守護する天の将軍
地蔵菩薩真言 六道守護の菩薩
地蔵和讃 賽の河原のものがたり
御詠歌 巡礼の歌
コラム:お経のむすびの言葉
6 仏事と写経の心(おつとめ・仏像・写経)
概説:家ごとの宗と仏事
仏壇と仏具の知識
仏像の見かた
写経の心
写経の作法
コラム:仏事は親族の行事
あとがき

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.