東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

もっと知りたいマネ
もっと知りたいマネ
生涯と作品
高橋明也 著
定価
本体1,800円+税
刊行
2010年02月
ISBN
978-4-8087-0867-2 C0071
判型
B5判
ページ数
80ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

□西欧の美術を根本から変革した近代の立役者の一人、マネ。その横顔は気さくで快活、誰もが好きにならずにいられない洗練されたパリジャン、そして画壇屈指の人騒がせな男でもあった。変貌著しいパリに生きた51年の生涯を辿る。
□シンプルな構図や色彩、強烈なレアリスムなど、当時世間に強い拒否反応を巻き起こした表現に迫り、マネの作品の斬新さとは何かを探る。
□都市生活の一瞬を切り取る非凡な才能や、今なおモダンな輝きを失わない感性・技術はどう養われたのか。マネが熱心に学び刺激を受けた伝統絵画、スペインや日本など異文化の影響、文学などとも関連づけつつ、その秘密に迫る。

序文:モデルニテ(近代性)の具現者マネ
プロローグ-誕生、そして少年時代(1832-1849★0-17歳)
■マネ家の人々
   ●もっと知りたい(1) オスマンのパリ改造計画─マネの生きた第二帝政期のパリ

1章-画家としての出発 1850-1862 18-30歳
 シュザンヌとの恋──画家を支え続けた気丈な妻の愛
 初のサロン入選──落選の悔しさから生まれた入選作
 スペインへの憧れ──直感と想像力によって育まれたスペイン趣味
 華やかな世界に生きる画家が見たパリの光と影
 もっと知りたい(2) マネが描いた妻の肖像
 もっと知りたい(3) 新しいインスピレーションの源泉──マネのモティーフ・ソースはどこから来たか-
 コラム(1) つくられたサロンの権威
 コラム(2) マネとボードレール

2章-落選者から革命家へ(1863-1866★31-34歳)
 パリの高級娼婦
 消された背景──ベラスケスから学んだ斬新な背景処理
 もっと知りたい(4) 《草上の昼食》に秘められた謎を解く──19世紀フランス画壇最大のスキャンダル
 もっと知りたい(5) マネのアトリエを訪ねて──活気ある新興地区にアトリエを構えたマネ
 コラム(3) ルーヴル入りしたマネの娼婦
 コラム(4) 若き芸術家が集まったマネのアトリエ

3章-パリの近代を見つめて(1867-1873★35-41歳)
 ブーローニュの夏の輝き──ブルジョワ出身のマネが描いた避暑地の光
 マネとナポレオン3世──ナポレオン3世への批判的立場を表明する
 普仏戦争とパリ・コミューン──1870-71年、暗黒のフランス
 近代パリのヒロインたち──女性たちの姿を通して描いた「時代の美」
 パリの劇場空間──劇場を舞台に描かれた社会の縮図
 二人のパリジャン、マネとドガ
 もっと知りたい(6) マネが愛した二人のモデル兼画家──ベルト・モリゾとヴィクトリーヌ・ムーラン
 もっと知りたい(7) マネの生きた19世紀のパリモード
 コラム(5) フランス人のヴァカンスの始まり
 コラム(6) 普仏戦争と画家たち
 コラム(7) 「恐怖の年」を読み解くキーワード
 コラム(8) パリで初めてのガス灯を使ったオペラ座
 コラム(9) マネをとらえた海の輝き

4章-自身の絵筆を信じて(1874-1883★42-51歳)
 印象派の父と呼ばれながら──後輩画家モネの才能を見抜いたマネの審美眼
 私小説的肖像画──モデルの内面を赤裸々に暴くマネの筆
 コケティッシュな微笑──鑑賞者に投げかけるチャーミングなまなざし《ナナ》
 パリの肖像──19世紀の画家たちがカフェで見つめたもの
 かわいいだけじゃダメかしら-──女性たちに囲まれて過ごした最後の夏
 静物へのまなざし──永遠の命を宿したマネの描く静物画
 もっと知りたい(8) 画家をとりまく人物群像
 もっと知りたい(9) 画家たちのインスピレーションを刺激した──カフェ、カフェ・コンセール
 もっと知りたい(10) 都市生活者の享楽と哀愁──“近代絵画の創始者”最晩年の大作《フォリー=ベルジェールのバー》を読む
 コラム(10) 新たなマネ信者マラルメ
 コラム(11) マネが描いた移ろう“時間”
エピローグ-パリとともに生きた51年の日々
 ◆マネの晩年の愉しみ
 ◆日本におけるマネ

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.