東京美術 - 出版
ホーム 出版 書籍詳細
 

書籍詳細

もっと知りたいロートレック
もっと知りたいロートレック
生涯と作品
高橋明也 監修, 杉山菜穂子 著
定価
本体1,800円+税
刊行
2011年06月
ISBN
978-4-8087-0933-4 C0071
判型
B5判
ページ数
80ページ
  • ご注文はこちら
  • amazonで購入
  • 内 容
  • 目 次

□南仏の大貴族の家に生まれながら、パリの歓楽街に身を沈め、華やかな大都会に生きる人間を描いた画家の全貌を紹介する。「ロートレックとは何者か?」という問いに始まり、グラフィック作品で発揮されたマルチな才能を探る。
□「人間に対する深い幻滅と真摯な愛情という相矛盾する要素の同居」(序文より)する画家のエッセンスが詰め込まれた内容。「人間は醜い。けれど人生は美しい」という画家の言葉にも現れた人生観と併せ、大胆な色の使い方や配色センス、対象をデフォルメする力、浮世絵にも感化された「軽み」の精神など、作品の魅力に迫る。洒落たレイアウトデザインも見どころ。

序文 ロートレックは何者か?

1章 小さな宝石の誕生 1864-1881年 0-17歳

 伯爵家の長男であるということ
  【もっと知りたい1】古都アルビを訪ねて─ロートレックの面影を探す旅
2章 アウトロー画家への第一歩 1882-1890年 18-26歳

 モンマルトルへ 修業時代
 アウトロー画家、ついに始動!!
 女神か悪女か?
 朋友ゴッホ
  【もっと知りたい2】ロートレックと仲間たち
  【傑作クローズアップ】ロートレックがとらえた〈ムーラン・ルージュ〉の一瞬
3章 モンマルトルのボヘミアン 1891-1893年 27-29歳

 モンマルトルの新しい“主”
 モンマルトルの光
 アリスティド・ブリュアン
 ジャヌ・アヴリル
 イヴェット・ギルベール
 憧れの国ジャポン
  【もっと知りたい3】ロートレックの愛したモンマルトル
  【もっと知りたい4】モンマルトルのスターたち
  【もっと知りたい5】ポスターの世紀
4章 世紀末パリに生きて 1894-1896年 30-32歳

 パリの男と女
 石版画集『彼女たち』 
 劇場に魅せられて
  【もっと知りたい6】ロートレックとドガ
  【もっと知りたい7】“線の画家”が獲得した芸術としての版画
  【もっと知りたい8】ロートレックと出版文化
5章 “旅”からの帰還─最期の日々 1897-1901年 33-37歳

 サーカスに託した自由
 放蕩息子の帰還
  【もっと知りたい9】ロートレックを探せ!
終章 ロートレックの没後とその影響
 日本におけるロートレック
 ロートレックの作品を所蔵する主な日本の美術館

●コラム
 ロートレック最初の友“馬”
 画家としてのシュザンヌ・ヴァラドン
 ベルギーの二十人会とは?
 ロートレックの食卓
 アルバム『イヴェット・ギルベール』
 ロートレックの赤と緑
 レズビアン絵画
 サロンの女主人、ミシア・ナタンソン

 
トップへ
Copyright(C) 2007 TOKYO BIJUTSU Co.,Ltd. all rights reserved.